聖書を時系列で読む

【時系列で聖書を読む】ヨハネによる福音書1:1-3、詩篇8、詩篇104を読んだ感想

ヨハネによる福音書1:1-3では、言(言葉)が神と共にあって、言葉によって全てが創造されたというようなことが書かれている。たしかに、わたしたちも言葉がなければ、思考さえも困難なのかもしれない。

詩篇8では、人類や生き物が輝かしく栄えていく様が描かれている。と同時に神の名もたたえていることから、神様への感謝と尊敬の念みたいなものが感じ取れる。

詩篇104では、自然(水や山の循環)のことが書かれており、人が食べ物を求めることや働くこと、歌をうたって喜び祝福するようなことも描かれている。理解が難しい文章だが、自然や娯楽さえも神様によって与えられたものというようなことが言いたいのだろうか。イマイチわからなかった。

「罪ある者がこの地からすべてうせ〜」というような描写もあり、少し恐いことが描かれている。

by 神の物語を読む:年間通読表
この記事は、キリスト教について全く知らない僕が聖書(日本聖書協会 共同訳)を時系列に読んで、素直な感想をつづる記事です。聖書の時系列は、博士ジョージ・ガスリーが作成した年間通読表に則っています。

僕が読むのに使っているのは、最新かつ最もスタンダードな聖書である「聖書 聖書教会共同訳」です。ちなみに読みやすくバランスのよい中型聖書を採用しています。

【時系列で聖書を読む】創世記1、創世記2を読んだ感想前のページ

【時系列で聖書を読む】創世記3、創世記4、創世記5を読んだ感想次のページ

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由

関連記事

  1. 聖書を時系列で読む

    【時系列で聖書を読む】創世記3、創世記4、創世記5を読んだ感想

    創世記3には、まだ人が羞恥心をなどを知らない無垢な時代のことが描かれて…

  2. 聖書を時系列で読む

    【時系列で聖書を読む】創世記6、創世記7を読んだ感想

    創世記6〜7には、なんとなく聞いたことなる「ノアの箱舟」が出てくる。…

  3. 聖書を時系列で読む

    【時系列で聖書を読む】創世記8、創世記9、詩篇12を読んだ感想

    創世記8にはノアの箱舟からリセットされた天地に再び降り立つ様が描かれて…

  4. 聖書を時系列で読む

    【時系列で聖書を読む】創世記1、創世記2を読んだ感想

    創世記1には神が天地を造ったときの様が描かれている。そして、創世記2…

  1. レビュー

    Wi-Fiの回線速度をあげるためにルーターを交換してみた
  2. レビュー

    iPadにキーボードは必要なのか?キーボードいらない説。
  3. ゲーム

    【レビュー】ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
  4. レビュー

    macOSとWindowsとChromeOSの比較
  5. レビュー

    人生がときめく片づけの魔法【書評】
PAGE TOP