レビュー

Instagram,Twitter,Facebook!3大SNSの使い分け

Follow us 2395640 1920

ソーシャルメディアが色々ありすぎて皆さん疲れていませんか?

僕もそのうちの一人だ。

TwitterとかFacebookとかInstagramとかLINEとかGoogle+とかその他数え切れないほどあって何をどう使うべきなのかわからない。僕もわからなくて適当にTwitterをやっていた程度だった。今回、世の中の人たちがどう使い分けているのか調べてみた。これを機に僕自身も他のソーシャルメディアを使いこなしていきたいし、この記事を読んでくれている人の参考になれば幸いだ。



ソーシャルメディアの個人的な印象

Twitter  →愚痴をこぼしたり黒いことを投稿
Instagram →リア充アピールするツール
Facebook  →近況報告(?)
Google+  →よくわからない
LINE    →タイムラインに投稿して反応なかったら寂しいので使わない

他の人はこのように位置付けているようだ。

ソーシャル化粧とは

この記事の執筆にあたり色々調べていると気になるツイートを見つけた。

どうもソーシャルメディアで自分を取り繕うことを「ソーシャル化粧」というらしい。
正直言って、化粧をするのはリアルの世界でも当たり前だろう。ありのままの自分を常に開放していたら僕なんてすぐに逮捕されてしまう。なのでこのような言葉はあまりしっくり来なかった。

SNSの使い分け方

3大SNSの印象はある程度世間でも近いものがあった。そして、使い分けている方法もみんな類似していることがわかった。
ただし、最近は日本ではFacebookを更新している人はかなり少なくなってしまった印象だ。色々なSNSがあるから使い分けがよくわからないというだけなく、匿名性の低いFacebookは日本人にはやや不向きなのかもしれない。だからこそ複数のアカウントを所持して使っている人も多いのだろう。

Twitter  → 【匿名】なんでもつぶやく&情報収集ツール
Instagram → 【両用】写真を見せる&目の保養
Facebook  → 【本名】近状報告する真面目用

個人的にはあまり考え過ぎずにとにかく更新してコンテンツを増やしていく方針が良いと思う。すべてを晒していこうと割り切った僕のようなスタイルの人はInstagramとTwitterとFacebookは連携をさせておくと楽かもしれない。Instagramで投稿したことは同じように他の2つでも投稿されるのだ。

最近僕が投稿したはこれ。TwitterにもFacebookにも同時投稿されている。

あとがき

いかがだったでしょうか?
情報収集中心の記事になってしまいましたが、SNSの使い分け方に悩んでいる人の参考になれば幸いです。

絶対におすすめできるビジネス必須アプリ9選前のページ

アフィエイト広告収益を晒す。ブロガーって儲かるの!?次のページ

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由

関連記事

  1. レビュー

    ブルーライトカットレンズ付きのメガネは本当に効果があるのか

    数年前からブルーライトカットレンズと呼ばれるものが流行りだした。…

  2. ファッション

    男女から愛される永遠の定番TシャツHanesのBEEFYを購入したのレビュー

    皆さんはHanesをご存知だろうか?Hanesは100年も前から存…

  3. レビュー

    iOS版の日本語Gboardを使ってみたのでレビュー

    先日ついにiOS版のGboardがリリースされてちょっとした話…

  4. レビュー

    WindowsからMACに乗り換えて良かったこと10選

    結論から言うと、ゲーム実況でもやらない限りMACもWindowsも…

  5. レビュー

    人生がときめく片づけの魔法【書評】

    キレイな部屋で理想的な生活を送ってみたいと思ったことはないだろ…

  6. レビュー

    ワイヤレス充電器 Anker PowerPort Qi と belkinの比較。どっちがいいの?

    先日、以下のようなbelkinのワイヤレス充電器のレビューをし…

  1. 雑記

    Nintendo Switchを確実に定価で入手する方法!?WEB予約開始!
  2. 雑記

    麻雀で強くなる方法:Leerin式デジタル麻雀の極意〜最序盤編〜
  3. 雑記

    スマホのバッテリーを長持ちさせる8つの方法(Android&iPhone共通)
  4. 雑記

    電子書籍と紙の本どっちが得なのか?
  5. ボディメイク

    トレーニング初心者におすすめしたい!スポーツジムの選び方とゴールドジムの魅力
PAGE TOP