USCPA

実効利率って何?子どもでもわかる複利のお話

こんにちは!今日は、お金を借りたり貸したりするときに重要な「実効利率」についてお話ししましょう。これから説明する内容は、小学生でも理解できるようにわかりやすく解説しています。

まず、お金を借りるときには、返すお金に利息が上乗せされることがあります。利息を計算する方法には、「表面利率」と「実効利率」の2つがあります。表面利率は、年間の利息をそのまま使って計算する方法です。例えば、1年間で10%の利息がかかる場合、1000円を借りたら、利息は100円になります。

しかし、実際には利息の計算がもっと複雑な場合があります。例えば、利息が毎月計算されたり、途中で返済があったりする場合です。そんなときは、「実効利率」を使って計算することが多いです。

実効利率は、複利を考慮した利息の計算方法です。複利とは、利息が定期的に追加されて、次の利息計算時に元金と一緒に利息がかかることを言います。



例えば、あなたが銀行から1年間で1000円を借りることになったとしましょう。銀行は、利息を毎月計算すると言っているとします。表面利率が12%だとすると、年間の利息は120円になるように見えます。

しかし、実際には、毎月利息が追加されることを考慮すると、実効利率がもっと高くなります。実効利率を計算すると、約12.68%になります。つまり、1000円を借りた場合、実際に支払う利息は126.8円になります。

実効利率は、表面利率よりも実際の費用を正確に反映する方法です。お金を借りるときには、実効利率をチェックして、どれくらいの利息がかかるのかを正確に理解しましょう。これで、実効利率と複利についての基本がわかったと思います。お金の話は大人になっても大切なので、ぜひ覚えておいてくださいね!

ブレス オブ ザ ワイルド:名作ゲームの魅力と課題前のページ

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由
  1. ボディメイク

    おすすめのトレーニンググローブ!ゴールドジムとハービンジャーはどっちがいいの?
  2. 聖書を時系列で読む

    【時系列で聖書を読む】ヨハネによる福音書1:1-3、詩篇8、詩篇104を読んだ感…
  3. レビュー

    今期のおすすめアニメBEST5(2017夏アニメ)
  4. ボディメイク

    絶対痩せる!最強のダイエット理論
  5. レビュー

    ワイヤレス充電器 Anker PowerPort Qi と belkinの比較。…
PAGE TOP