雑記

なぜ多くの企業で「評価基準」が曖昧になっているのか?評価されるコツとは?

評価されるコツとは?

人事評価はとても大事なものだ。

働く側にしてみれば、会社が自分に何を求め、何をすれば評価されるのか、その基準をはっきり示されれば、目標や努力の方向性がつかめる。

評価する側にとっても、個々の成長を具体的に促すことで、業績も上がり、会社の発展につながり、評価者自身のメリットにもなる。

にも関わらず、多くの企業で評価基準が曖昧になっているのだ。

経済産業省の調べでは421万の企業のうち、具体的な評価基準を示している会社は、わずか1割程度だという。大多数の企業で明確な基準がないまま、「好き嫌い」も含めた上司の個人的な主観で、人事評価が行われているのが実情なのだ。



昇格・昇進条件とは?

わたしが務めている会社でも人事評価は曖昧だ。明らかに一定の基準を満たしていない、もしくは満たしそうにない社員に昇格し役職がつくことも多々ある。

それ見る度に”人事評価”について考えさせられる。

実際、昇格には2つの方式がある。入学方式と卒業方式だ。
たとえば、主任に昇格するとしたら、その基準を満たしてから昇格するのが卒業方式。昇格してからレベルアップしてもらうのが入学方式である。

我が社では入学方式を採用している。しかし、問題は卒業見込みのない人たちを昇格させてしまうことなのだ。

このように人事評価についてはすごく悩まされている。そんなことをしているうちに、人事や自身の出世に興味がなくなっていくのだ。

人事評価って実はどこの企業も同じ

25年間300社以上の人生ドの設計・運用や採用・教育研修にたずさわなった人事コンサルティングの西尾太氏は、

日本を代表する大企業であっても、社員数名のベンチャー企業であっても、また、いかなる業界や職種であっても、「成長している元気のいい企業」の人事制度の根幹は、ほどんど同じ形をしている。

という。

つまり、これらの知識の有無が、私達の人生を大きく左右するということなのだ。

人事の超プロが明かす評価基準 (単行本)
西尾 太
三笠書房
売り上げランキング: 6,222

(参考書籍)

究極もマルチプレイヤーになる方法「仕事で認められる人は、見えないところで何をしているのか?」のレビュー前のページ

「相対評価」と「絶対評価」人が育つのはどっち?人事評価には2つの方法がある。次のページ

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由

関連記事

  1. 体験談

    【迷惑電話対策】そもそも電話に出たくないと思ってる人に伝えたい!

    まず、メールやメッセージよりも電話のほうが早くていいって思ってる人…

  2. 雑記

    名刺交換という無駄な作業をそろそろやめないか?

    民間企業で働き始めてからよく言われたことがある。「名刺…

  3. 雑記

    視聴者に伝えたい!今、プロモーションに求められること

    今、プロモーションに求められることは”5秒で伝える”ことだ。た…

  4. 雑記

    挫折と妥協を繰り返してきた私の人生を変えた5つの動画【YouTubeまとめ】

    「平成26年度近畿大学卒業式」 堀江貴文氏メッセージスティー…

  5. 雑記

    スマホのバッテリーを長持ちさせる8つの方法(Android&iPhone共通)

    よくバッテリー節約方法を調べるとBluetoothをオフにする…

  6. 体験談

    読書家の迷惑行為。本で学んだことを他人に強要する。

    僕の周りにはとある読書家がいる。その読書家は会社の上司であり、…

  1. 雑記

    「続きを読む」「全文を読む」が面倒で不快でしかない件
  2. 体験談

    自体隊に入隊したら最初にすること
  3. レビュー

    Apple製品は本当に便利ということを認識した
  4. 備忘録

    【悲報】アマゾンのレビューが信用できなくなってきた
  5. 雑記

    マッサージと成功者&お金持ちの習慣と関係性
PAGE TOP