雑記

鼻毛の処理の仕方について。抜くべきか剃るべきかそれが問題だ。

鼻毛処理の方法は抜くのか剃るのか

鼻毛はすぐに生えてくる。しかも厄介だ。

お金は多少かかるが、ヒゲや体毛はレーザー脱毛をすれば解決できる。しかし、鼻毛だけは解決するのが難しそうなのだ。

鼻毛を脱毛できるのかどうか調べていたら、鼻毛のレーザー脱毛もあるらしい。でも賛否両論でそれなりのリスクを伴うとの事。あとで詳しくみていきたい。

では、鼻毛を抜いたらどうか?

一時期は僕も鼻毛用ブラジリアンワックスを愛用していた。
ちなみに一本ずつ抜くわけではない。ブラジリアンワックスを使うと全く痛みを感じることなく一気に抜くことができるのだ。鼻毛用のブラジリアンワックスはそこらじゅうで売っている。


実は鼻毛を抜くのもあまりよくないらしいのだ。

鼻毛は一体どのように処理をしたら良いのだろうか??



鼻毛の永久脱毛が危険な理由

鼻毛の永久脱毛については賛否両論だ。

賛成派のクリニックでは鼻毛脱毛のコースもあるし、鼻毛を気にしなくても良いというメリットを謳っている。

しかし、鼻の周りは美容業界でも死の三角形と呼ばれており、脳に血液を送るための血管が多くあり、万が一そこから菌が侵入した場合、直接脳に運ばれるため大変デリケートな部位だと言われているのだ。
それに鼻毛は体毛の中でも最も重要な毛と言われている。

美容業界死の三角形

僕は比較的チャンジャーだが、このような説がある限り、さすがに挑戦するのに少し躊躇する。

鼻毛をブラジリアンワックスで抜くのも危険!?

鼻毛を抜くと鼻が腫れる

鼻毛を抜くのが原因で、鼻が腫れてしまうことがあるのをご存じですか?鼻の中には常に、外気に含まれる細かいホコリや細菌が入り込んできます。そのため、鼻の穴の中(鼻腔)は雑菌でいっぱいの状態です。また、鼻腔は粘膜でできているため、細菌が繁殖するのに適度な湿気を常に含んでいますが、鼻毛を抜けばそうした細菌が開いた毛穴に入ってしまいます。
それだけではありません。鼻毛も他の毛髪と同じように、毛穴の奥にある「毛乳頭」というところから生えています。この毛乳頭は皮膚の一部で、その先は血管や神経ともつながっています。鼻毛を抜くと、単に毛穴が開いて残るだけでなく、毛乳頭から毛を引き剥がして皮膚を傷つけてしまいます。
人間の体は、傷ついた部分に細菌が入ると炎症を起こして抵抗するようにできています。毛穴でこれが起こった状態を「毛嚢炎」と言いますが、鼻毛を抜くと鼻の中が毛嚢炎になるため、鼻が腫れてしまいます。毛嚢炎は、毛穴の中で連鎖球菌やブドウ球菌などが繁殖したために、その部分が化膿してニキビのように腫れあがる症状です。鼻にこれが起こった場合も、症状が軽ければ痛みなどの自覚症状もなく、そのまま治ることもあります。
ところが重くなると炎症のために鼻が赤く腫れ上がり、気になって鼻にさわっただけでもズキッと痛むようになってしまいます。こうなると、病院で化膿を止めるための抗生物質を処方してもらい、数日から1週間ほど飲み続けないと痛みも腫れも長引いてしまいます。症状がさらにひどければ、切開手術で膿を出さなければなりません。

鼻毛を抜いて死ぬことも

鼻毛を抜くことによる鼻腔の化膿は、単なる毛嚢炎だけで済むとは限りません。鼻は顔の真ん中にあり、脳に近いため脳に続く血管が張りめぐらされています。このため侵入した細菌は、血管を通って脳に至ることもあります。昔から「鼻を中心に、片手で覆える範囲のできものは気をつけろ」と言われているのはこのためです。毛嚢炎が顔、特に目や鼻の周辺にできる面ちょう(「ちょう」はやまいだれに丁)という病気があります。
これは細菌に感染した鼻や目のまわりが化膿によって大きく腫れ上がるだけでなく、細菌が脳に達して髄膜炎や脳炎などを併発すると、死に致る可能性も少なくない病気です。現在では抗生物質の発達によって死亡率は減っています。しかし恐ろしい病気であることに変わりはありません。鼻毛を抜いたことが原因で面ちょうになったのに万一放置してしまうと、最悪の場合生命が危険にさらされます。

鼻毛は大事なフィルター

鼻毛は、鼻からつながる喉、気管、肺を守ってくれています。鼻毛があるために、鼻に入った雑菌やほこり、さらに小さな虫などが気管や肺などに入らないで済んでいます。何かの原因でくしゃみをした時には、鼻毛フィルターで止められていたほこりや雑菌は一気に排出されます。
このように、鼻毛は呼吸器系統の最前線にあって、体を守る大事な働きをしてくれています。そのため鼻毛を抜くことは、人体のメカニズムの中で鼻が果たしている呼吸器官のフィルター機能を低下させることになります。その結果、ちょっとしたことでも風邪をひきやすい体質になる他、毎年流行する恐ろしいインフルエンザに感染する可能性も高くなります。
また、気管や肺にほこりなどが入ると、その部分に炎症が起こり、気管支炎や肺炎の原因になります。肺炎は日本人の死因の中で4番目に多く、決して軽く見てはいけない病気ですが、鼻毛を抜くのをやめることで、少しでも肺炎予防になります。

花粉症と鼻毛

花粉症が鼻にくると、ムズムズして気分が悪いのでとにかくスッキリするものが欲しくなります。鼻がスッキリ通るようにするために、のど飴をなめたりマスクの内側にスプレーをかけたりします。ムズムズが気になり始めると、中には鼻毛の動きまで気になると言って鼻毛を抜いてしまう人がいますが、これは逆効果です!
鼻毛を抜いてそのフィルター機能を低下させてしまうと外敵がのどまで侵入するため、体内でこれに対する過剰な反応がアレルギー症状を引き起こします。鼻毛があれば鼻に入った花粉をさえぎってくれるのに、わざわざ鼻毛を抜くことは、花粉症を悪化させる原因になります。

鼻毛を抜くと味覚が衰える?

鼻毛と味覚というと、ちょっと意外な関係に思えるかもしれませんが、味は舌だけで感じるものではありません。目をつぶったり鼻をつまんだりして何かを食べてみるとすぐわかりますが、人間が味を感じるためには、目や鼻も大切な働きをしています。
目が「おいしそうだ」と感じ、鼻が「いい匂いだ」と感じることで、味覚が増しています。そこで鼻毛ですが、鼻毛の中には小さな「嗅毛」という毛があり、これが食物のにおいを感じて脳に伝える働きをします。そのため、鼻毛を抜くとにおいを感知する能力が下がります。
「最近何を食べてもおいしくない」と気になったら、味覚障害の症状のこともありますが、鼻毛を抜いていないかどうかもチェックしてみてくださいね。

参考:http://lifecarenavi.com/pull_nose_hair/

結局は鼻毛カッターが安定

このような鼻毛危険説を知ってしまったので、結局鼻毛カッター+カミソリで処理している。鼻毛カッターである程度処理したあと、鼻の入り口だけカミソリでキレイにするのだ。

パナソニック エチケットカッター 黒 ER-GN10-K
パナソニック(Panasonic)
売り上げランキング: 1


ちなみに、浜崎あゆみもこの方法らしい。

だれかおすすめの鼻毛処理方法あったら教えてください!!

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由

関連記事

  1. 雑記

    InstagramやTwitterのハッシュタグの効果とは?適切な数は?

    僕はTwitterやInstagramやFacebookをあくまで…

  2. 雑記

    iPhoneでLINEの文字入力で確定しても青くなったままの原因。

    iPhoneでLINEで文字入力をしているとどうしても違和感があった。…

  3. 雑記

    現代人の欠かせない!ゲーマーが教える目の疲れを治す方法

    現代人はとにかくモニターを眺めてる時間が長い。それによって目にブ…

  4. 雑記

    浮気の基準は?どこからどこまでが浮気なのだろうか。

    皆さんはどこからが浮気だと考えていますか?僕は「相手が浮気だと…

  5. 雑記

    Androidのアップデートに関する致命的な欠点

    Androidを数年間使っているが、致命的な欠点がある。それは…

  6. 雑記

    電子書籍と紙の本どっちが得なのか?

    最近は電子書籍がかなり主流になってきた。電子書籍の特徴といえば…

  1. 雑記

    アフィエイト広告収益を晒す。ブロガーって儲かるの!?
  2. レビュー

    Apple製品は本当に便利ということを認識した
  3. ファッション

    なぜドクターマーチンがオシャレで履きやすくオススメできるのか
  4. レビュー

    使いやすい音楽アプリはGoogle Play Music!AWAやLINE MU…
  5. レビュー

    ワイヤレスイヤホン「AirPods」を1週間使ってみたのでレビュー
PAGE TOP