レビュー

ブルーライトカットレンズ付きのメガネは本当に効果があるのか

ブルーライトカットレンズの効果

数年前からブルーライトカットレンズと呼ばれるものが流行りだした。

僕も最初は半信半疑だった。僕はスマホやPCのディスプレイを見つめている時間が非常に多く、ドライアイに悩まされ肩こりもひどかったので、騙されたと思って買ってみた。

JINS SCREENというシリーズを購入した。
その中でも比較的強力なブラウンレンズのメガネを選んだ。単純に安くて効果が高そうで、コスパに長けていたからだ。

気に入りすぎて2個目も購入した。ブラウンレンズは人から見られるとちょっと恥ずかしさを感じたからだw橋本弁護士みたいになってしまった。

ブルーライトカットレンズJINS SCREENの見本

では、何故ぼくがこんなにもJINS SCREENを気に入ってしまったのかを紹介したい。



ブルーライトカットって何?

ブルーライトとは
ブルーライトとは、パソコンやスマホなどのディスプレイに含まれる青色光である。青色光は瞳の奥まで届き網膜機能の低下などを引き起こすと言われ、眼に与える影響が懸念されている。

ブルーライトカットレンズとは?

ブルーライトカットレンズの効果
上の図は有名メーカーのJINSとZoffのものだが、このようにブルーライトをカットし眼に入ってくる青色光の量を減らしてくれるのだ。

ブルーライトカットレンズは結局効果があるの?

正直、数時間PCやスマホをやっている分にはあまり実感はしないかもしれない。

しかし、モンハンダブルクロスを1日10時間以上連続でプレイしていたときに本当に効果を感じた。普段、長時間ゲームをプレイしたあとは肩こりがひどく、目が真っ赤になるはずなのだが、JINS SCREENをかけていたら平気だったのだ。これにはさすがに驚いたし、本当に効果があることが実証された瞬間だった。

その後もPCの前に座るときは必ずJINS SCREENをかけるようにしている。
明らかな実感は短時間では得られないが、確実に効果がでていると思う。なぜなら、常備しているドライアイ対策の目薬が全く減っていかないからだw

このことから、かなりの効果があると言える。

おすすめはJINS SCREEN

僕自身もJINS SCREENを愛用しているということもあるが、やはりJINSがおすすめだ。
価格も他のメーカーよりも安く、しかも信用できるのだ。というのも、日本MicrosoftやDeNAもJINS SCREENを導入しているからだ。

<JINS SCREENの導入事例>
JINS PCは効果があるのか? 眼科医が日本マイクロソフトでの導入事例で検証した
参照;ITmediaビジネスオンライン

みなさんも是非ブルーライトカットレンズのメガネを試してほしい。

ピックアップ記事

  1. ブログを本気で書く理由

関連記事

  1. レビュー

    Galaxy s7edge を9ヶ月使ってみたレビュー

    Galaxys7edgeを使って9ヶ月経つ。そして、明日iPhon…

  2. レビュー

    NintendoSwitchの発熱問題がけっこう危険。

    NintendoSwitchを購入した。先日、ポータブルゲーム機と…

  3. レビュー

    iOS版の日本語Gboardを使ってみたのでレビュー

    先日ついにiOS版のGboardがリリースされてちょっとした話…

  4. レビュー

    Instagram,Twitter,Facebook!3大SNSの使い分け

    ソーシャルメディアが色々ありすぎて皆さん疲れていませんか?僕もその…

  5. レビュー

    若者の活字離れを全否定。本の要約サイト「フライヤー」を使ってみた

    よく「本を読みなさい」「最近の若者は活字離れしている」などという意…

  6. レビュー

    7年ぶり!ついにロジクールの伝説のトラックボールに新型が・・・!

    実はかなり昔からLogicoolのM570tというトラックボールを…

  1. ゲーム

    ブレイヴ太刀(納刀術付き)おすすめ装備 MHXX Switch Ver.
  2. 雑記

    トイレットペーパーはダブルかシングルかどっち派?
  3. レビュー

    絶対におすすめできるビジネス必須アプリ9選
  4. ファッション

    男女から愛される永遠の定番TシャツHanesのBEEFYを購入したのレビュー
  5. レビュー

    ワイヤレスイヤホン「AirPods」を1週間使ってみたのでレビュー
PAGE TOP